就職に必須の資格 3選

おそらく、これからの時代って、死ぬまで働くことを前提にしておいた方が良さそうですよね。

決して笑顔で言えることじゃないですけど、年金なんかもあてにできなさそうな気配がします。

 

いま働いている会社があるとして、もしくは働いていなければこれから働く会社があるとして、

転職はするだろう、と考えられますよね。

その転職に際して、面接がある考えると、意外と面接に辿り着くまでが大変だったりします。

→ 書類選考で落とされるとか。

 

落とされる人の多くは、会ってもいない訳ですから、履歴書や職務経歴書で落とされるのですけど、

面接する側として3つ程度の資格があれば、会ってみるか、という具合になることが多い資格を挙げておきます。

 

運転免許

これは、無いと働けない場合もありますが、無い場合に雇っても困ることが多い資格なんです。

男女問わず、内勤をしてもらっていても、「 ちょっと、この荷物を届けてきてよ! 」とか、

頼みごとをし難いですから、必須の資格じゃないのに無いと面接を避けてしまいます。

学生で時間の都合がつきそうだったり、求職中の方にでしたら、どうしても都合をつけて取っておいて欲しい資格No.1です。

短期で格安・確実に取れる方法として、合宿免許をお勧めすることが多いです。

合宿免許予約サイトのユーアイ免許

 

日商簿記

営業や経理でなくとも、技術系の人でも持っておくと、「 ああ、会社の基本は分かってるんだろうな。 」と、思わせてくれる資格です。

経理のイメージが強いですが、会社の基本となる会計について理解できることは、中小企業を中心に喜ばれることが多いです。

むしろ、経理など内勤に就きたいために簿記を取ったとしても、内勤自体の募集には、

加えて専門性を求められることが多いですから、簿記プラスα 何ができるのか、が問われることが多いですので、

プラスαを身に着ける必要もあります。

 

が、いずれにしても、ここが登竜門。

お小遣い帳簿記と企業会計の違いを手っ取り早く知っておくことをお勧めします。

初歩から資格取得まで学ぶ
【資格スクール大栄】
講座案内資料を無料送付!

 

  • 炭酸水
  • 脱毛器
  • スマホ端末
  • イヤホン
  • 財布
  • パンスト
炭酸水 / 脱毛器 / スマホ端末 / イヤホン / 財布 / パンスト / コート / ブーツ / スノーボード / スタッドレスタイヤ

ページトップへ